受付
院内へ入ると広い受付カウンターがあり、患者様をお迎えいたします。初診の方は保険証を、再診の方は診察券をご提出の上、受付をお済ませください。
診察室
できるだけ丁寧な説明を心がけております。病気に関する基本的なことから、手術に関すること、術後の生活など、分からないことなどありましたらお気軽にお尋ねください。
待合室
院内での待ち時間を少しでもリラックスしていただけるよう、ゆったりとくつろげる空間作りを心がけています。大型ディスプレイにて、目の病気に関する医療情報などを提供しています。
手術室
白内障手術を含む各種手術を日帰りにて行っております。クリーン度の高い手術室を備え、最高水準の医療機器を用いて、万全の体制でのぞみます。
滅菌装置
手術器具は全て完全滅菌されたものを使い、使い捨て器具を多様するなど衛生面・安全面に最大限の配慮を行っております。
センチュリオン®ビジョンシステム
眼球の圧力を感知し、手術中のあらゆる状況を最適化することで安全で高効率なオペを行うことができる最新の白内障手術装置です。
コンステレーション®ビジョンシステム
小切開による硝子体手術(MIVS)により低侵襲でより早い視力回復を実現する最新の硝子体手術装置です。
VERION™ イメージガイドシステム
検査結果から乱視などの情報を手術中にガイドするシステムです。これによりマニュアルでのエラーを減少しより正確性の高いオペを実現します。
IOLマスター700
白内障手術の術前に必要とされる、眼軸長や角膜曲率半径、前房深度などを、この1台で測定が可能です。測定時に眼に接触しないため、患者様の負担も少なく、測定率、再現性ともに非常に高い精度を誇り、全眼球の断層画像を基に眼軸長を構築する最新機種となっています。
Cirrus HD-OCT plus Model5000
眼の網膜にある黄斑部や視神経乳頭の断層像を、短時間且つ高解像度で撮影・解析が可能な高スペックな器械です。黄斑部疾患や、早期から進行のみられる緑内障までフォローが可能となっており、早期発見・早期治療を期待できます。活動のある血管ネットワークを可視化するAngiography機能も搭載した最新機種となっています。
手術顕微鏡OPMI Lumera® T
医師の目となる手術顕微鏡には、独カールツァイスメディテック社製OPMI Lumera® Tを使用しています。
世界トップレベルの光学技術を集約した手術顕微鏡を使うことで、手術中に患者様の目の状態を的確に判断することができ、最新の手術装置や診断装置の機能を安全且つ最大限にに引き出すことができます。
HFA740
緑内障検査はハンフリー自動視野計を使用いたします。
緑内障ケアの世界基準の機種にて検査することで、より精度の高い診断を可能にいたします。
NGENUITY ® 3Dビジュアルシステム
最新の3Dハイダイナミックレンジカメラにより美しい映像で手術を可視化します。その映像を大型モニターにて映し出しオペを実施することにより、低光量で患者さんの負担が少ないオペを実現します。
前眼部OCT CASIA2
角膜混濁、円錐角膜などの角膜疾患の検査、閉塞隅角や緑内障術後の検査や白内障術前術後の検査に3D画像として非侵襲、非接触で撮影できる最新鋭の撮影装置です。
パノラミック オフサルモスコープ カリフォルニア
一回の眼底撮影で画角200度の範囲を撮影するので、従来の検査機器では観察困難な眼底周辺部の病変も見逃さずに捉えることが可能です。