目の病気について
  • 遠視、近視、乱視
  • 老視
  • 子供の斜視
  • 飛蚊症
  • ドライアイ
  • VDT症候群、眼精疲労
  • 麦粒腫
  • ウイルス性結膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜はく離
  • 加齢黄斑変性
日本眼科学会「目の病気より抜粋」
子供の斜視
斜視とは
物を見ようとする時に、片目は正面を向いていても、
もう片目が違う方向を向いてしまっている状態が斜視です。
片目が正常な位置にあるときに、もう片目が内側に向いてしまっている状態を内斜視、
外側に向いてしまっている状態を外斜視、上側に向いてしまっている状態を上斜視、
下側に向いてしまっている状態を下斜視といいます。
内斜視 外斜視
斜視の原因
斜視の原因としては、目を動かす筋肉や神経の異常によるもの・遠視によるもの
・目の病気によるもの・脳の病気によるもの・全身の病気に伴うものなどがあります。
ほとんどは目を動かす筋肉や神経の異常によるものや遠視によるものです。
斜視の原因を探るために、全身検査を行ったりMRIなどの検査を行ったりすることもあります。

弱視とは
弱視とは眼鏡をかけても視力が上がらない状態のことをいいます。
弱視になる原因のひとつに斜視があります。斜視があると、ものが二つに見えたり、
ずれた側の目でみる像がぼやけて見えるなどの理由により、お子さんが無意識のうちに
その目を使わなくなって視力の発達が妨げられてしまいます。

斜視の治療
斜視の種類や年齢に応じて治療法も異なりますが、治療の目標は大きく3段階に分かれます。
まず一番大切なことは、両目の視力をよくすることです。
斜視ではずれている方の目が弱視になっていることがあり、
これを改善してあげることが斜視治療の第一歩です。
日本眼科学会「目の病気」