目の病気について
  • 遠視、近視、乱視
  • 老視
  • 子供の斜視
  • 飛蚊症
  • ドライアイ
  • VDT症候群、眼精疲労
  • 麦粒腫
  • ウイルス性結膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜はく離
  • 加齢黄斑変性
日本眼科学会「目の病気より抜粋」
飛蚊症
飛蚊症とは
黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見えたことはないでしょうか。
視線を動かしたとき、それが一緒に移動するように感じることもあります。
このように、視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症と呼びます。
これは主に加齢(老化)に伴う現象ですが、近視の人では年齢が若くても自覚することがあります。
生理的なもので問題のない場合がほとんど(生理的飛蚊症)ですが、
時に重大な病気の前駆症状であることがあります。

生理的飛蚊症について
眼球内には卵の白身に似たゼリー状のものがつまっています。これを硝子体と呼びます。
この硝子体は99%以上が水分で、わずかに線維を含んでいますが、
年齢に伴い線維と水分が分離して中に空洞を形成します。
それがさらに進行すると眼球の内壁から硝子体が離れて、線維の塊が眼球内を
ふわふわと浮いた後部硝子体剥離と呼ばれる状態になります。

飛蚊症を自覚する重大な病気
飛蚊症を自覚しても問題のない場合がほとんどですが、
なかには次のような重大な目の病気の一症状であることがあります。

(1)網膜裂孔・網膜剥離
網膜に穴が開いてしまったり(網膜裂孔)、網膜が剥がれてしまった状態(網膜剥離)では、
しばしば飛蚊症を自覚します。

(2)硝子体出血

(3)ぶどう膜炎

時として、飛蚊症は治療を必要とする病気が原因となって生じることがあります。
もし飛蚊症を自覚したら、まずは眼科医による詳細な眼底検査を受けることをお勧めします。
日本眼科学会「目の病気」