目の病気について
  • 遠視、近視、乱視
  • 老視
  • 子供の斜視
  • 飛蚊症
  • ドライアイ
  • VDT症候群、眼精疲労
  • 麦粒腫
  • ウイルス性結膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜はく離
  • 加齢黄斑変性
日本眼科学会「目の病気より抜粋」
麦粒腫
麦粒腫とは
俗に「ものもらい」と呼ばれている病気で、原因は細菌感染によるものです。
汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を外麦粒腫、
マイボーム腺の感染を内麦粒腫と呼びます。

麦粒腫の症状
初めはまぶたに局所的な赤みが出現し、しばしば軽度の痛みや痒みを伴います。
炎症が強くなってくると、赤み・腫れ・痛みが強くなります。
化膿が進むと、腫れた部分が自然に破れて膿が出ることがあります。
膿が出てしまえば、その後症状は回復に向かいます。

麦粒腫の治療
抗生物質の点眼や内服を行います。
化膿が進んだ場合は切開して膿を
出すこともあります。
汚い手で目をこすったり
しないよう注意が必要です。
麦粒腫断面図
日本眼科学会「目の病気」