目の病気について
  • 遠視、近視、乱視
  • 老視
  • 子供の斜視
  • 飛蚊症
  • ドライアイ
  • VDT症候群、眼精疲労
  • 麦粒腫
  • ウイルス性結膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜はく離
  • 加齢黄斑変性
日本眼科学会「目の病気より抜粋」
網膜はく離
網膜剥離は治療せずに放置した場合、失明する可能性の高い病気です。
どの年齢でも網膜剥離になる可能性がありますが、20歳代と50歳代の人に多いといわれています。
網膜剥離の治療の中心は手術療法です。
手術により、最終的には約95%の確率で網膜を元の位置に戻してやること(網膜復位)が可能です。

網膜剥離とは、何らかの原因で網膜が網膜色素上皮から剥がれてしまう状態のことです。
網膜に孔(あな)が開くことによって起こるものや、滲出液という水分が網膜の下に溜まって
起こるものなど原因は様々です。
最も多いのは、網膜に孔(網膜裂孔)が開いてしまい、眼の中にある水(液化硝子体)が
その孔を通って網膜の下に入り込むことで発生する網膜剥離(裂孔原性網膜剥離)です。

網膜剥離の症状
網膜剥離の前駆症状として飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える症状)や
光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)を自覚することがありますが、
無症状のこともあります。

網膜剥離の治療
網膜裂孔だけであれば、レーザー治療で
網膜剥離への進行が抑えられる
こともあります。
すでに網膜剥離が発生してしまった場合、
多くは手術が必要となります。
網膜はく離の図
日本眼科学会「目の病気」