目の病気について
  • 遠視、近視、乱視
  • 老視
  • 子供の斜視
  • 飛蚊症
  • ドライアイ
  • VDT症候群、眼精疲労
  • 麦粒腫
  • ウイルス性結膜炎
  • 白内障
  • 緑内障
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜はく離
  • 加齢黄斑変性
日本眼科学会「目の病気より抜粋」
加齢黄斑変性
加齢黄斑変性は、主に高齢者の失明原因となる重要な病気の一つです。健診でこの病気が早期に発見されることもあります。今まではあまり有効な治療法はありませんでしたが、近年、新しい方法が試みられるようになり、早期発見・早期治療によって視力低下を最小限に抑えられる可能性が期待できるようになってきました。

黄斑とは、光を感じる神経の膜(網膜)の中央にある、物を見るために最も敏感な部分です。
網膜の中でひときわ黄色く観察されるため、昔から黄斑と呼ばれてきました。脈絡膜は網膜よりさらに外側に位置しており、血管が豊富に存在し、網膜の一部を栄養する役割を担っています。

黄斑が荒廃する(変性を起こす)病気です。
脈絡膜から異常な血管(新生血管)が生えてくることが原因で起こる滲出型と、新生血管が関与せずに黄斑そのものが変性してくる非滲出型の二つのタイプがあります。
滲出型は急激な視力低下を起こし、失明原因となる難治性の病気の一つです。
非滲出型の場合、病状の進行は緩やかで、滲出型と比較すると視力低下の程度も軽度であることがほとんどです。加齢黄斑変性は、通常滲出型を指すことが多いので、滲出型について解説します。

加齢黄斑変性の症状
初期はものがゆがんで見える変視症や左右の眼でものの大きさが違って見えるなどの症状を自覚する場合が多いのですが、新生血管が破裂して黄斑に出血を起こすと、突然の視力低下、特に中心が見えにくいという症状が出現します。

加齢黄斑変性の検査
加齢黄斑変性を診断および治療を考えるうえで様々な検査を要しますが最も有意義な検査はOCTと言われる光干渉断層計です。網膜は層構造になっており、その層構造を断面的に観察する検査で滲出や新生血管の状態が詳細に分かります。体への侵襲がなく短時間で測定できるため初診時でも診断が可能です。
加齢黄斑変性の治療
◇抗VEGF薬治療
VEGFのはたらきを抑えるお薬を目に注射します。新生血管の成長を抑え、そこからの滲出液や出血を止めることにより症状を改善します。当院ではルセンティスおよびアイリーヤという最新の薬剤を使用しており共に保険適応となっております。
◇光線力学的療法(PDT)
光に反応するお薬を腕の静脈から投与し、弱いレーザーを照射して、新生血管を閉塞させます。専門病院での入院が必要となります。
◇レーザー治療
レーザーは上2つの治療と異なり、黄斑の中心から離れたところに新生血管があるときに行える治療です。レーザー光線を新生血管のあるところに照射しその成長を止めることができます。
日本眼科学会「目の病気」